パイのお店にて 


King Pieという、大きめなショッピングモールなら大抵ある、パイのファストフード・チェーン店の包み紙なのですが、これ、ご注文が手話でできますよ、という啓発活動です。

南アは憲法で11の公用語が定められていますが、「12個めの公用語」と題して、裏側にはメニューのサインネームが記されています。

果たして、これやってみて、店員さんは分かるのかな?

コメント

このブログの人気の投稿

ソウェト自立生活センターマネージャー、故ムジ・ンコシさんについて

中古リフト付きバンが日本から到着!!

JICA広報誌『Mundi』2017年12月号に掲載されました