日本と南アフリカの面積を比べてみた

 最近知ったのですが、The True Size Of...というサイトがあります(ひょっとして有名?)。

The True Size Of

 好きな国を指定すると、その国の形が切り取られて、ドラッグ・アンド・ドロップで他の国と重ね合わせることで、大きさや距離感が分かる!というものです。

青はアメリカ、黄色はインド、オレンジは中国

 このサイトの優れたところは、極地に近づくに連れ、ドラッグされている画像が大きくなり、赤道に近づけば小さくなるので、メルカトル図法の弱点もカバーされる点です。なので、異なる国同士の面積を、簡単かつ割と正しいイメージで把握できます。

 今回、これを使って、日本と南アフリカを比べてみましょう。
 
 ちなみに、南アフリカの面積は122万平方km。日本は38万平方キロメートル弱なので、おおよそ3.2倍の差があります。3.2倍の差ってどんな感じなんでしょう?


 3.2倍もあるかなあ???という印象ですが、きっと目の錯覚なんでしょうね。

 赤線が南アフリカの国境です。フリーハンドが下手なので、ちょっと雑ですが。
 
 南アフリカに周囲を囲まれた山国、レソトは新潟、福島、群馬、栃木あたりに重なっています。

 この地図だと、行政府の首都があるプレトリアが函館か青森あたりで、立法府の首都のあるケープタウンが佐賀か長崎あたりになります。飛行機代が高いので、大抵の人はこれを長距離バスなり、自家用車なりで行くわけです。お役人や議員先生はもちろん飛行機。

 もう1つの司法府の首都ブルームフォンテンは能登半島の沖合ですね。江戸時代の北国廻船をちょっと変更して、瀬戸内に入らずに長崎に向かうような航路が設定できそう。

 せっかくなので、タイも重ねてみました。

 タイは51万平方km。日本よりは広いですが、2倍はありません。南アフリカはタイと比べると2.4倍の面積があります。
どことどこ、って感じにうまく重ねられませんでした

 こうやって比べて見ると、日本って、南北だけでなく東西にも長く伸びているのが分かります。


コメント

このブログの人気の投稿

私が海外で暮らしていて心がける3つのこと

ソウェト自立生活センターマネージャー、故ムジ・ンコシさんについて

中古リフト付きバンが日本から到着!!